水色が来たら、脇に避ける

川内の大綱引は、両端にワサと呼ばれる輪があり、綱を引かれた方はワサを中央のダン木と呼ばれる木に掛けて、それ以上引かれないようにしてから、そこから引き返そうとしていく綱引です。

ワサは、ダン木に掛けやすくするために、アルファベットのJの地のような形に曲げて、運びます。その際に上の写真の赤の斜線の部分に入ると動いてくる綱に足を払われたり、綱に巻き込まれたりしてたいへん危険です。

ワサを確実に掛けるために、そして、曲がった形で動いてくる綱に足を払われて転んだり、巻き込まれたりしてけがをしないようにするために、ワサ払いがワサの前方やダン木の周辺の人間を払っていきます。

ワサ払い・ワサ係は、水色のハチマキを締めていて、水色の旗を持っていたり、水色のTシャツを着たりしています。綱の進行方向に合わせて、引かれている側のワサの方から、旗を振り、大きな声を出し、笛を吹きながら、ワサの進行方向の前方、ダン木の周辺の払いに来ます。

安全の為にも、ワサを確実に掛けられるようにするためにも、水色が来たら、綱の近くから歩道側に避けるようにしてください。

ダン木にかかった状態のワサ
ダン木にかかった状態のワサ